お知らせ

「太陽光発電設備の即時償却」 来年3月まで可能です!

2015年2月10日(火)

生産性向上設備投資促進税制活用のすすめ ~事前の申請が必要です~
  • B類型の対象設備には「機械装置」としての太陽光発電設備が含まれています。太陽光発電事業に係る損益計画を策定し、その投資利益率に関して、一定の要件を満たすことについて、税理士等及び経済産業局の確認を得ることで、17年間の償却ではなく、即時償却が可能になります。
  • この「太陽光発電設備の即時償却」こそ、生産性向上設備投資促進税制の隠れたトピックスと言えるものです。
  取得時期 建物・構築物 左記以外
特別償却  H26.1.20~
H28.3.31
即時償却
取得価額×100%
即時償却
取得価額×100%
H28.4.1~
H29.3.31
 取得価額×25%  取得価額×50%

土地や屋根がなくても節税可能な太陽光即時償却商品をご紹介しています。経済産業局へ確認申請業務の代行も承ります。

問い合わせ大平

「生産性向上設備投資促進税制」概要

「生産性向上設備投資促進税制」は、質の高い設備投資の促進により事業者の生産性向上を図ることを目的に平成26年1月20日に創設された新たな税制です。

 「生産性向上設備投資促進税制」3つのポイント

【POINT1】対象者の範囲が広い!

・青色申告する法人・個人事業主であればどなたでもご利用いただけます。

・業種・業態、企業規模による制限はありません。

・製造業者だけでなく、建設業、流通業、農業者まで、個人事業者から大企業に至るまで幅広くご利用いただけます!

【POINT2】対象設備の範囲が広い!

・一定の要件を満たせば、機械装置をはじめ工具、器具備品、建物、建物附属設備、構築物、ソフトウエアまで広範な設備類が税制の対象となります。

・特に「建物」本体も税制措置対象になる点に注目です!(B類型のみ)

【POINT3】税制措置が手厚い!

・対象となる設備に与えられる税制優遇措置は、「即時償却または税額控除5%(建物・構築物は3%)の選択」という手厚い内容となっています。

・中小企業投資促進税制の利用により、税額控除は最大10%にUP!

・条件を満たせば建物の取得価額全額を取得年度に償却することも可能です!

 

いずれも従前の設備関係税制の枠を超えた画期的な内容の税制となっています。

seisannsei1

出所:経済産業省ホームページより
http://www.meti.go.jp/policy/jigyou_saisei/kyousouryoku_kyouka/seisanseikojo.html

問い合わせ大平

 

お申し込み受付中のセミナー
2017年4月12日(水)~
みどりビジネススクール
蛻変の経営「大坂塾」2017年度入塾生募集
2017年4月18日(火)
公募を諦めていませんか?今から準備しないと間に合わない! 平成29年度「ものづくり・商業・サービス補助金 採択されるコツ!」&補助金・助成金セミナー
2017年4月以降の毎月第3火曜日
飲食店様へ定期的な研究機会とネットワークを提供します!「みどり飲食店経営研究会」発足のお知らせ
これまで開催したセミナーの様子
目的から探す
事業承継を考えたい
節税したい
会社を黒字化したい
成長戦略を考えたい
創業したい
Copyright© 2017 みどり合同税理士法人グループ All Rights Reserved.